木の温もりを感じる家(清武町 N様邸)

無垢材やモイスの自然素材に囲まれた空間

1年ぶりのお宅訪問

昨年12月に引き渡しをさせて頂きました、「木のぬくもりを感じる家」約1年ぶりにお宅に訪問させて頂きました。
お休みの日にもかかわらず、ご家族全員がお出迎えしてくださって、温かくおもてなしをしてくださいました。
素敵な時間をありがとうございました!


カラッと快適なモイスの壁


 この日はあいにくの雨でしたが、お宅に入ってすぐに感じたのが「あれ?湿気を感じない!」外はジメ~としているのに家の中はカラッとして爽やかな空気。
ご主人が 「モイスのせいか、梅雨時期もジメジメしない、いろんな臭いも気にならないです。それに、風通しもよくて快適です。」このコメントを最初に頂きました!
 
改めて モイスの壁(優れた耐震性や耐火性を供え100%自然素材、多孔質素材なので 湿度変化に柔軟に対応し吸湿・蓄湿・放湿を 自由に行ってくれるんです。)の素材の素晴らしさを実感しました。



家族の繋がりのある開放的な空間


落ち着いたダイニングキッチンから 吹抜けのあるリビング。
開放感のある空間を意識していたので、吹き抜けのある空間はもともと考えていたそうです。
お母さんがキッチンにいても、2階のにいる子供さんの気配が感じられますし、夏は全開口の窓を開けるとウッドデッキが心地よく、バーベキューやプール遊びを楽しんだそうです。
階段に座れば、1階のリビングキッチン、2階のフリースペースが見渡せます。
この閉鎖的でない空間はこれからお子様が成長していく中でも、きっと 家族の繋がりを大切にしてくれるでしょう。
 

太陽光発電のメリットの大きさに驚きました。


 
N様邸、 太陽光発電システム(4.92KW)を搭載しています。
電気料金はプラスになるということです!
「本当は隣の建物の影響で影になる時間帯があるので、それがなければもっと売電できたと思います。」とのこと。
 
これも、皆さまにお伝えしたい、今後、生活していく中で大切な話ですね。
 
 

子供さんのお気に入りスペースは2階のフリースペース♪


小学2年生の息子さん。
お気に入りの空間は 2階のフリースペースなんだそうです。
この空間なら、1階で料理しているお母さん、リビングにいるお父さんとの距離も近く感じて安心です。
造作家具で オーダーして作った大きな本棚には家族それぞれのお気に入りの本や書類もスッキリと収納されていました。
お子さんはここで本を読んだりしながら、居心地が良くてお昼寝しちゃうこともあるそうです(^-^)
 

「建築士さんのアドバイスで吹き抜けの手すりを縦ではなく横向きに付けていただきました。そのせいか、圧迫感がなく、空間の繋がりを感じれるので、正解だったと感じています。」
そんな、嬉しいお声を頂きました。


親子で過ごす楽しみ♪


 ↑「キッチンの 収納は充分すぎるくらい足りてます。」
そんな風にお話しされながら、スタッフに温かいコーヒーを入れてくださいました。
お母さんの隣にはいつもお嬢さんがいて、キッチンでもお母さんと触れ合う様子がうかがえました♪
キッチンだけではないですが、奥様のディスプレイのセンスはナチュラルで素敵でした。

 

キッチンに何気に飾ってあったシーグラス(海に落ちているガラス)
これをお嬢様と手づくりのアクセサリーにされたりと 楽しい親子のライフスタイルも伝わってきました。
 
 

木の温もりを感じる空間

「お客様がいらっしゃると、木の香りが良くてリラックスできる。」とよく言われるそうです。

そんな奥様は、近頃、 自宅でアロマトリートメントをはじめられたそうです。
ずっと勉強されていたそうですが、自宅でやろうと決めたのはつい最近のこと。
来られるお客様もこの空間はとても気に入ってくださっているそうです。

確かに、こんな木の温もりある空間でアロマトリートメントなんで癒されますよね、きっと♪

 ↑この収納スペースにはアロマに使うオイルなどが並んでいました。
「Airy Life」というお店なのでご興味のある方はお問い合わせくださいね(^^♪
 

収納スペースを趣味で飾る。


↑ シューズクローク
 
整理された靴と、ご主人様の サーフボードとウェットがしっかり収納されています。
さりげなく置かれたキャップやTシャツのコレクションもディスプレイされていて、なんだか見ててワクワクしますね♪
 

↑ 庭の植栽
 
旦那様とサーフショップのオーナー様とで植えた ヤシの木はオーナー様からのプレゼントなんだそうです。
ヤシの木を植えるだけで、こんなにイメージが変わるものなのですね!
リゾート感があるし、オシャレです。本当に素敵なシンボルツリーですね。
 

「N様邸」のスライド(写真集)はHP「建築実例集」にもUPしていますので是非ご覧ください。→